Pocket

夫婦修復って難しい、、もう疲れました。そんなあなたの気持わかります。
自分はこんなにやっているのに、相手は全然変化がないのでしょう。

ですが夫婦関係を修復するうえで、これだけは外してはいけない、という「要素」は何だと思いますか?

 
それは「感謝」という要素です。

実のところ、夫婦関係を修復するための方法なんていうのは、いろいろな切り口があるでしょう。例えば、相手の浮気の証拠をつかんで脅しておく、なんていうのは、最も手っ取り早いかもしれません。こんな方法でも、いくらかの延命処置には役立ちます。

 

ですが、どんな方法を使ったとしても、そこに「感謝の心」が宿っていなければ、中長期的に上手くいくことはありません。

 
ただのその場しのぎになってしまいます。

 

「いやいや、旦那が身勝手で、好きなことやっていますし、今更、私が優しく接しても意味はありません、、、。」「夫婦関係はあきらめています。」あなたもそう考えているかもしれません。

 

「私は夫を愛している。一生懸命に愛を注いだ」「これだけ、夫に尽くしたならば、当然、それだけの見返りが来るはずだ」と考えていませんでしたか?

見返りを求めたとき、「愛」は帳消しになるのです。

だから、夫婦修復で疲れるのです。

 

してあげたことが自分に返ってこなくてもしてもらった人は必ず嬉しく思っています。その気持ちが、次なる思いと行動を呼び起こします。

 

愛を受けた人はその愛を自分だけのものに、しておけなくなり、他の人のために何かをしたいという気持ちに必ずなるのですね。

 

ですから自分が夫になした行為、、与えた行為は忘れて自分が夫から与えてもらったことや、感謝を忘れないでほしいと思います。

人の心は変えることが出来ませんが自分の心は変えることが出来ます。

 

そうした心で接すると、あっという間に旦那は変わっていくのです。

 

旦那が不誠実でいるのかもしれません。その態度にほとほと、疲れ切っているのかもしれません。

 

ならば、不誠実な旦那に対して最高の特効薬は何かご存知ですか?やはり、「感謝の思い」なのです。「見返りを求めない」心と行動なのです。そうした、優しい風のように接して見て下さい。

ここでは紹介しています、専門マニュアル⇒離婚したくないの第5章:「 言葉の魔法」を機縁とし運命好転させてください。言葉には力があって、仕事を開始します!
夫婦仲が劇的に変わる! ことばの魔法セミナー 動画版

 

Pocket