Pocket

妻を抱きたくなる
出典https://woman.mynavi.jp/article/150604-147/

はい、新しい年になって最初の記事です。今年もよろしくお願いいたします。今回はある意味「旦那をその気にする方法」を述べてみたいとおもいます。そうなった夫は黙っていても「妻を抱きたくなる」わけなんですね。

 
さて夫婦修復は順調でしょうか?諦めてしまってはないですか?いいところまで行くんだけれど、その後、噛み合わない。馴れ合いになってしまう。

 
又は、夫婦の危機を乗り越えて、自分達のペースを発見した。いろんな相談を受けています。
夫婦生活、、、結婚生活で、100%自分の思い通りにはならないものです。

 

考えてみてくださいね、恋愛時代がひとつのピークでして、いざ、結婚してみると、今度は今まで見えなかったところが見えてくるのです。はい、相手の嫌な部分です。

 
けれど、夫婦の話し合いや、出来事をのりこえつつ、双方が歩み寄ったり、譲歩したりして成長をしていくのですね。

 

また夫婦の格差という問題も出てくるかと思います。収入の違いや、子育ての意見の不一致。ああ、呆れるほどに、恋愛時代とはもう、かけ離れてしまうのですね。

 
その間、離婚危機が訪れることもあります。それをきっかけに浮気や不倫に走ることもあるのかもしれません。

 

ですがやはり一番いいのは夫婦の調和している時期です。

 

あんなに思いやれた「恋愛時代」とまではいかなくても、理解しながら受け入れて年を重ねるのもまたいいものですよ。

 
妻は「優しくしてほしい」夫は「受け入れてほしい」思いがあると思います。

 
夫、、、男性はですね、ともすれば大きな子供みたいな部分がどうしても残ります。それは酔った時、ささいな自己主張なのかもしれません。何かを判断しての言葉かもしれません。

 
それを妻が聞いてくれたら、「収まるところに収まる」と知っておいてもらいたいのです。

 

一旦、旦那さんの「やんちゃな部分」を受け止める。抱きしめる

 
そうしておきながら、「なんか違う」と思ったら、あとで「こうした方がいいと思う」と修正するとうまくいくのです。

 

旦那さんの「やんちゃな部分」「男のプライド」を理解して接してください。

 

そうすれば、世の男性陣は頑張れるのですよ。そのような妻に支えられていくのです。そんな妻を夫はほったらかしにはしないと思います。

だって一番安心で安全は相手は妻なんです自信を持ってください!妻以外に出来ない事があるのだし、その妻から拒否されると、、、きついです。

妻を抱きたくなる夫の心境を理解する

旦那さんは仕事で疲れているし夜は見向きもせずに、さっさと寝てしまう。

そんな状況を打開するために何が必要でしょうか?

それは「短時間で夫をその気にさせる」誘導術が必要不可欠です。

黙って夫の奉仕作業を期待していませんか?受け身すぎていませんか?

夫をその気にさせるのはズバリ妻の「桃色吐息」です。それを意識してくださいね。

言葉には「力」があります。馬鹿に出来ません。だってこれまでも経験してきましたよね?喧嘩の原因、不幸の原因、、、これ、最初は「言葉」だったでしょう?

だから今度は意識して「言葉」を味方につけて勉強してくだい。恥ずかしい??でもそんな妻の変化に世の男性陣はたまらないのですね。浮気防止にもなります。

セックスレスに悩む女性のためのセックスレスを解消し愛ある幸せな生活を築く方法。



Pocket