Pocket

あけましておめでとうございます!新しい年になりました。
もう、夫婦仲うまくいかない?去年のことは引きずらないで、新しい目標を立てていきましょうね。

 

2016年は60年に一度の「丙申(ひのえさる)」の年です。

 

生命や地球のエネルギーの生成発展の原理を明らかにした陰陽五行説によれば、
丙申の年は、「革命の年」「大変革の年」だそうです。

 
であるならば、今年は革命的なことが起きて一気に
夫婦仲を改善できるかもしれません。

 

実際には夫婦修復に向けて、いろいろと試行錯誤を繰り返しては、
一喜一憂しているのかもしてませんが
「今年こそ!夫婦修復に向けて!」ということで、
なにか指針になるべき、心の態度、あり方はないのかな?と考えてみますと
やっぱりこれが一つの法則があるんだなーと改めて思うことがあり
あなたと共有したいと思います。

 

まずは新年ですから、去年までのことは許してしまいませんか?
引きずることなく、根に持つことなく、流してみませんか?

これが出来るかどうかも、一つの勇気です。

そして、今日から以下を実践してくださいね。

①「ありがとう」・・・そう思っていてもなかなか口に出せないその一言。
でも1日1回は口にするべきです。

②パートナーにあまりにも高い要求水準を持つと、お互いに苦しくなります。
ハードルを下げて、相手の良いところを発見し、言葉に出して褒めてあげてください。

③あなたは夫、あるいは妻の話に、心から耳を傾けていますか?
何もしなくても、ただ話を聴いてあげるだけで解決する問題は
たくさんあるのです。親身になって、相手の話を聴く努力をお願いします。

 

大多数の人は「愛」ということを「奪う愛」または「もらう愛」という観点から
考えていることが多いように思います。

その観点を変えない限り、本当の意味での心の安らぎというものは現れないのですね。

 
ではどうすればいいのでしょうか?自分から与えればいいのですね^^

見返りを求めないで、あたえ切る、。

まあ、そんなきれいごとでは済まされないし、いろんな出来事があります。
些細なケースでの乗り越え方はどうするかと言えば、、、。

久しぶりに早く帰宅した夫に「今日ぐらい、何か手伝ってよ」と頼んだら
「オレは疲れているんだ!」と怒って反撃されたら、どうします?

①夫を上回るパワーで反撃する
②理路整然と夫の間違いを指摘する。
③「心をしずめなくては」と自分に言い聞かせ、黙る。

 

これは③で生きましょう。「感情的になったらしゃべらない方が得策!」
怒っていると後で後悔することを必ず言ってしまいます。
本心では思っていないようなヒドイ言葉が出てきます。
言葉は相手の心にいつまでも残りますので、感情的になったら言葉にブレーキですね。

 

朝、些細なことから言い合いに。
出勤してからも妻の言葉が心の中をグルグル、怒りはメラメラ。
どうしたらスッキリする?

①妻を打ち負かす言葉を練り、バトル再開に備える。
②離婚を決意し新しいパートナーを探す。
③頭を冷やし、妻の立場に立って考える。

これは③で行きましょう。「当たり前になっていることに感謝してみる」喧嘩して怒っている時は日ごろの妻の苦労や尽くしてくれていることが「当たり前」になっています。そこにフォーカスすると、怒りは消えていきますす、感謝の思いは相手に通じます。

 

すべての出来事は自分の心の表れであって、心を変えれば環境も変わるということです。

新年早々から、そうした部分を考えて実践してみることから始めてみませんか。

そしてさらに、自信がついたら「離婚回避マニュアルランキング」から自分に合ったものをチョイスして一気に加速させて見て下さいね。

 

Pocket