Pocket

このページは私的には、心外なものです。離婚するべきか?、、離婚しかないのか?それでも離婚を決意するときには、いろいろな状況があると思います。

ですが、「どうしても離婚したい、円満離婚する方法があれば教えてほしい」とする相談のニーズに答えるものとして、考えを述べてみます。

極端な例では度重なる、夫の暴力や借金問題、夫が蒸発したり。または妻の浮気不倫。もう自分の力だけではどうしようもなく、万策尽きるとき。若い夫婦では結婚の理想と、現実の違いに愕然としてしまい「どうせうまくいかないのなら、早いほうがいい」ということで5年以内の夫婦の離婚率も高くなっています。

 

その間に他に好きな人が出来る場合も、出てくるのかもしれませんね。

 

夫婦の間に何か問題が起きたら修復の努力ではなく、離婚の決断をし、離婚という解決方法を選ぶ人が増えてもいます。又は夫婦の絆と思いきや、熟年離婚する夫婦も増えています。「もうやるべきことはやった、人生の先が見えているから我慢したくない。」やり直すなら今しかない。

 

それでも、結婚生活を何がなんでも継続しなさいと必ず良くなるから、、。というのもどこか無責任のような気もします。確かに、苦渋の選択として、「離婚する」選択肢もあるのですね。

私も離婚経験者として、その気持ちは十分わかりますしその後の大変さも経験しています。

 

本来やり直せる夫婦でも、簡単に離婚に踏み切る人もいれば離婚は避けられなくても、現実に有利に離婚しないで後悔する人もたくさんいます。だからこそ、できることなら、夫婦修復を望んでいますしそのためには、智慧をめぐり合わせて、援助したいと心から思っています。

 

ですがもう離婚しかなく、離婚を決意したらどう進めていけばいいのでしょうか?

当然ですが、有利に進めていかなければなりません。賢く円満離婚する方法を、考えるのが常なのでしょう。本気で離婚したくて、離婚を切り出すときに相手の同意を求めて、得ないといけないのです。

 

離婚原因や相手の痛い点をついて話すのです。「上等だ!じゃあ、離婚だ!出ていけ!」と同意するような、。なにをされるか、分からない場合は置手紙を置いて別居するのも、手段としてはいいのかもしれません。

避けるべきは、泥沼化です。

【離婚をする場合の最低条件】

①この先自分の健康に自信がある。検診を受けて不安がない。
②一人で暮らしていける預貯金等、生活費の蓄えがあること。
③仕事をして、継続的な収入がある。
④いずれアパートにしろ、市営住宅にしろ、居住場所がある。
⑤実家の親はいざという時に頼りにできるか。
⑥心から信頼できる友人はいますか。
⑦シングルマザーで、子供は片親になるけど、守る覚悟はあるか。
⑧心ない人の誹謗中傷があっても耐えられるか。

以上にすべて、大丈夫でなければ離婚は考え直した方がいいです。すべからく、⇒夫婦修復への道を選択してください。

 

踏み込んだ結論が欲しいあなた、もう決意は固まって円満離婚する方法ならこちらへどうぞ!内容が内容だけに、場所を移動いたしました。ご了承ください。(泥沼離婚騒動から円満離婚まで)感情的になっているだけの人はお控えくださいませ。

 

離婚して成功する人、失敗する人がいます。離婚をして失敗するのはいつまでも、離婚を後悔し、次のステップにいけない人です。失って初めて相手の良さに気付くこともあります。完璧な人間なんていないのです。

 

あなたが次のドアを開けて進む際にどうか恨み心等、元夫、元妻、に対して、持たないで頂きたいのです。いつしか、相手の幸せこそ願う、あなたであってください。

※まだ間に合います!気持ちは変化するのですね。
離婚回避マニュアルランキングを機縁として運命好転させてください。

 

Pocket