Pocket

こんにちは!トーミです。
今回のご訪問ありがとうございます。

 
このサイトのテーマにもありますように

離婚しないで夫婦関係を再構築できるキッカケを、いろいろと
発信しています。

というのも、私は離婚経験者です。そして再婚経験者でもあります。
この点は本当に運が良かったと思います。

 
こういえば、「離婚しているくせに何をいっているんだ?」と
感じる人もいるのかもしれませんね。当然です。

ですが、その離婚の渦中の出来事や
離婚してからの大変さを知っています。

まして、今の世の中、4組に1組が離婚している現状とのことです。

そういいながら、出来る事なら離婚しない方がいいのは
当然かと思います。

離婚する為に結婚したのではないのですから。

 

再婚もできる方もいますが
大抵は、経済的に大変で、シングルマザーさんも
苦労しています。

 
後悔はないといいますが

人の心は変わるのも私は知っています。
人の心は変わるのです。

 
夫婦がやり直せるならば、それにこしたことはないのです。

そうではありませんか?

 
ここでその際、相手に条件を付けるように考えたいのですが
人の気持は自由に出来ませんよね?

ですので
私は女性、、妻側に期待しています。

なぜならば、男性のプライド、自尊心を傷つけるのも女性ですが

守るのも圧倒的に女性の器なのです。業なのです。

女性の本能に「母性」があります。

 

なにも、小さな子供だけに向けるのではありません。
あなたの個性のわずかな変化が

旦那を変え
旦那の心を取り戻せることも知っています。

悲しい離婚、望まない離婚はしてほしくありません。

離婚の原因は確かに様々ですが
それでも、離婚回避できる要素もいろいろあるのです。

根本は、旦那の心理をいかに理解して
女性的にフォローするかで、決まっていくように思います

女性が損しているのではなく、女性は素晴らしいものです。

 

お互い人間ですし、思い違い、すれ違う日々、誤解もあります。
感情的になって、攻撃してしまうと、なかなか素直になれません。

良かれと思ったことも、裏目に出ますし
子供もいると、なかなか夫婦の時間も取れません。

 

ですが、過去

心が通じ合ったこともあったのです。
歩み寄れたこともあったのです。

その個性を信じ、お互いでなければならない夢があったのです。

これは事実です。

 

ですので、いかに、現実が、環境はどうであれ
初心を振り返って、これからの夢をどう描くか
立ち止まって頂きたいのです。

夫婦生活では、いろいろあります。

 

実家の親でさえ、知らなかった部分が出てきます。

ですが、それを受け入れて、成長する道もあるのです。
結婚決意した時に、約束したはずです。

 

切り捨てるだけが、人生ではありません。

寄り添って、添い遂げて行こうではありませんか。

あなたが、まだ見ぬ景色を見るために
私も応援していきたいと、思います。

人生、一人より二人の方がいいです。
出来る事なら
死が二人を分かつまでー。

Pocket