Pocket

夫婦喧嘩の仲直りは簡単そうで、なかなかこじれると後が大変なのはどうしてでしょうね?

夫婦喧嘩は犬も食わない、、これは「何でも食う犬でさえ見向きもしないという意から、夫婦間の細かい内情などは知りがたいものだし、すぐに元に戻るようなことなのだから、ほうっておけばよいということのたとえ。」

雨降って地固まるとは「争いごとが解決したら、お互い信頼関係も生まれ、良い関係ができるということ。争いごとがあったあとは、以前より良い状態になること。」と、前置きしますが、、今日は信じられないニュースが、。

「トイレが臭い」と腹を立て夫を包丁で切りつけたとして、29歳の妻が逮捕されました。東京・大田区で「トイレが臭い」などと腹を立て34歳の夫を包丁で切り付けたとして、会社員の間宮依美容疑者(29)が、殺人未遂で警視庁に現行犯逮捕されました。調べによりますと夫は、13日午後、自宅のトイレから出た際、入れ替わりに入ってきた3歳の長男が用を足すのを手伝おうとしたということです。
そのとき・・・「手を洗わずに子どもに触れるな」「こんな臭いトイレじゃ、子どもが入れない」間宮容疑者は「トイレが臭い」などと腹を立て、夫の左頬を刃渡りおよそ18センチの包丁で切りつけた疑いが持たれています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150413-00000013-jnn-soci

 

ああ、この先どうなることやら;^^犯罪にまで発展するのも怖いのが、感情のままの喧嘩なのですね!

 
随筆家の寿岳章子さんのエッセイより引用しますと「どうせ夫婦生活なんて、妥協の産物なのだから、夫婦喧嘩なんぞ
まともにしても無駄だ」という現代的居直りが、幅を利かせている。しかし私は違う、夫婦喧嘩はして当たり前。しない夫婦には諦めやどちらか一方の我慢があるので、そこはどこか、抑圧された不自然さがあって、この世に縁あって結びついた、男と女が一心に生きていこうとする姿からは程遠いと思っている。
(ここまで)

なんか共感します。「喧嘩してまで一心に語り合うのは夫婦しかいないそうやってまで、折り合うのですから。

もしかしたら、離婚する夫婦はするべき夫婦喧嘩をしなかったのではないでしょうか?無関心で、無視をしていると、家庭内離婚でしょう?当然、仮面夫婦状態です。このままでは離婚率アップです。では、言いたい放題でやれば夫婦円満なのか?

だた喧嘩にもルールがあります。智慧がいるのです。

喧嘩は感情のぶつかり合いです。そのときに「相手の感情をどう受け入れるのか?」にかかってくるのです。「そうは言うけど、でも、、だけどさ!」でなくて「そうだね、その考えもあるね」と受け入れたとき相手の感情が収まって、冷静な判断が出来るようになるのです。



ある意味大人の対応なのですがお互いの、主張がぶつかり合う場面では本当に難しいですよね。


夫婦の議論がいつまでも平行線で後味が悪い時は、折り合いの押し付けをしている駄々っ子かもしれません。単なる修羅場の連続なることだけは避けたいですのでね。

離婚回避マニュアルランキングを機縁として運命好転させてください。
45日で夫婦修復を完了させる

 

Pocket