Pocket

夫婦仲直りの秘訣

夫婦喧嘩の期間が長くなって「このままいけない」と旦那を取り持つように話し合いをしますよね。

 
お互いの言い分もありますのでいろいろ、想いを吐き出すわけです。そうやって次回からは、同じことを繰り返さないように取り決めることがあります。

 
夫婦がきちんと実践するために、またその内容を忘れないように、誓約書みたいに書いたります。

 

文章の最後にお互いのサイン付きで、、。で違反したら、見せて、、どうのこうの、、。「ほら、ここに書いてある」、、、。ですが、そんなやり方は一度だけでいいと思いますよ。試しにやってみる。でもある意味、縛りですよね。

 

だんだんに、内容が増えてしまったら大変ですよ;^^まあ、「気を付けよう」という範囲で収めるのがいちばんいいです。

 

それは状況というのは、変化していきます。子供も大きくなっていくと、手がかからなくなります。そうすると、夫婦でいままでできなかったことが出来るようにもなってきます。

 
そうして、いいところを見つけていき、言葉にするのです。

要は契約的、約束的に相手を見るのではなくて柔軟な態度でいることが望ましいのです。ところが、自分の思い通りにならないから不満が募り、夫婦喧嘩に発展します。

 

それぞれ、一生懸命やっています。良かれという思いもあるでしょう。でもその思いが時に分断されます。そしてそれは、よくあることなのです。

 
思い通りにならないからと言って紙に書かせて、約束させるのではなく、気が付いたことはその都度、話せばいいのです。時間がないなら、夜寝る前に、作るのです。

 
そのときに、自分の都合や、自我に気を付けて提案しますとより調和的な結果になりますので。

 

ここでは紹介しています、専門マニュアル、
夫婦修復の第16章:「お互い成長できる関係」が有効です。

 

Pocket